Entries RSS Comments RSS

怖い気持ちを払しょく、レイクなどの借り入れ情報は個人信用情報機関に照会する

2月 9th, 2014

個人信用情報機関で扱われている情報は多くあります。
自分のそして家族の今後にマイナスになる要素があるかもしれない、そう考えるのであれば個人信用情報を開示してみましょう。

レイクで借り入れをしている方、もしくは過去にお金を借りる借り入れをしている方。
もしくはバンクイック、アコム、アイフル、プロミス。
自分が借り入れをしていたことが個人信用情報機関にどのように掲載されているのかを確認してみることができます。
個人信用情報機関は3機関あります。
・全国銀行個人信用情報センター
・株式会社 シー・アイ・シー
・株式会社 日本信用情報機構
このいずれでも本人でありそれを証明することができるのであれば情報開示を請求することができます。
手数料として1,000円がかかりますが、高い金額ではありません。

怖いと感じるかもしれません。
個人信用情報機関に記されている自分の情報がどのようになっているのか気にならないことはないでしょう。
もしかすれば過去のトラブルもすでに掲載期間が終了しているかもしれません。
もしかすればすでにのっていないだろうと思っていた情報が未だに掲載されているかもしれません。

これからの将来は長いでしょう。
いつまでも続くはずです。
その中で債務がどのように影響をしているのかを考えなくてはなりません。
逃げることができないのであれば向かわなくてはなりません。
自分の債務に面と向かって考えること、それが大切なことになるはずです。

消費者金融審査基準ってどうやって決まっているの?

1月 12th, 2014

消費者金融審査基準は会社ごとに違いがあるといい、それらの細かな基準というのは公開されていないので実際に審査を受けてみないことには審査に通るかどうかというのはわかりません。A社では審査に落ちたけれど、同時に受けたB社では通ったなんてこともキャッシングではよくあることです。この消費者金融審査基準って、そもそもどうやって決まっているんでしょうか。

各社で多少違いはあれど、キャッシングの審査では基本的には属性と信用情報という二つの情報から審査されます。申込者のさまざまな個人情報と、その人の過去のキャッシングの利用履歴などといったデータを合わせて、その人がお金を貸してもきちんと返してくれる人なのかどうか?返済能力を判断します。

例えば「公務員の人はサラリーマンの人よりもしっかり返済してくれる率が高い」など過去の実績からデータを取り、公務員のほうがサラリーマンよりも属性が良いというように判断して点数化して審査の基準としていくのです。そのためキャッシング会社によって審査基準の違いが出てくる訳ですが、傾向としては大体同じな訳ですから概ね似通った審査基準となってきます。

他にも家族構成では独身で家族と同居している人のほうが自分で自由にお金を使えるから属性が高いとか、年収が高ければ返済してくれる確率が高いわけではないから年収は一番に重要な項目ではないとかいったことなどから消費者金融審査基準は決まってきます。審査基準があらかじめ分かっていれば、こちらも闇雲に申し込みしたりしないで済むのですが、その点については実際に申し込みをした人のクチコミでしか今のところ判断がつかないようです。

皆が銀行ローンを利用する理由

5月 30th, 2013

ローンの種類は凄く増えていますね、各ローンを数えたらきりがないぐらいに多くあるのがよく分かります。以前は自動車ローン程度しか使わなかったのに、今では色々な種類のローンがあるので、使い道も沢山あります。中にはあまり見かけない目的のローンまでもが用意されていて、使う用途の幅はかなりのものになるかと思います。イオン銀行カードローン ユトリプランも注目です。

でも、これらのローンの発信元は?と思うと、自然に行き着くのが銀行の存在です。今では銀行でもカードローンやキャッシングなどにも力を入れているので、かなり消費者金融のカード類にも混ざっていますね。それが元なのかハッキリとは分かりませんが、競争率もかなり高くなっている様にも見えます。

良い意味で良い影響を与えているのかもしれませんね。非常に活気付いています。利用する側にとってはどんどん競争してもらって、どんどん内容も良くなると得ですしね。それでもやはり銀行の人気は衰えていないのが流石だと思います。何しろローンにしろ、カードにしろ、借り入れで使う用途が非常に多いですからね。やはりローンの多さでも圧倒的です。

自動車ローンに留まらず、教育ローンやトラベルローン、ブライダルローン、事業主向けのビジネスローン、その他にも「使える」ローンが満載です。それだけ色々な用途に特化したローンがあれば、消費者が銀行を選ぶのも当然ですね。あと、銀行ならば何かあれば直ぐにでもその場で相談したりも出来るので安心感もあります。そういった意味でも、銀行の存在と人気は不動のものでしょう。